カラーカット・クリスタルボックス - 幅18cm

価格
327 USD

プロデューサー
Caesar crystal

商品コード
2010390019061

ピース

透明な水晶の層と色のついた水晶の層が組み合わさってできた色のついた鉛の水晶を原料に、手作業でカットを施したボウルです。この外側の色の層をカットすることで、意図した装飾が施される。この製造工程は、ガラス製造の最高峰である。 続きを読む

PbO含有量24%のカラーケース入りクリスタルで作られたハンドメイド製品で、約800℃の温度で透明クリスタルの層とカラークリスタルの層を一緒に組み合わせることによって作られる。この生産プロセスは、手作業の生産可能性の頂点にあり、最も優秀で有能なガラス職人だけがこれを生産することができる。機械生産を可能にする方法が今のところ発明されていないことも、生産の複雑さを物語っている。この製品では、伝統的な作業が今日まで守られている。若い世代のガラス職人は、年配のガラス職人からガラス加工の技術を学びます。

ガラス溶解に使われる基本的なガラス原料は、ガラス砂、カリ、石灰石である。ガラスの破片もガラスの軸に加えられる。吸収された結晶の代表的な色は、熔解の際に炉の中に金属酸化物の成分を加えることによって作られる。現在、ルビー、ブルー、パープル、グリーン、シアンなどの色がある。ごく例外的に黒も溶けるが、これは一部の形状や装飾にしか適さない。各製品は、それぞれの工程に沿った数段階の品質管理をクリアしなければならない。受入工程は約800℃の温度で行われ、製品の基礎となる白いクリスタルフラスコが、金型の中であらかじめ形成された色付きの漏斗に埋め込まれる。木型は高温の塊と常に接触しているため、定期的に変化します。天然または合成の砥石を使ってガラスをさまざまな深さに削り、製品ごとに望ましい形とデザインを実現する。全工程のポイントは「磨き」です。研磨槽に製品を完全に浸す。そうすることで、製品に光沢が生まれ、美しさと輝きが増すのです。

パラメータ
高さ 18cm
直径 18cm
メイド・イン・ジャパン チェコ共和国
カラー アンバー/イエロークリスタル
素材 Crystal 24%PbO