カットクリスタルシャンパングラス - 6個セット - 高さ26cm/200ml

価格
143 USD VATを除く

プロデューサー
Jihlavské sklárny

商品コード
2010329038064

ピース

ハンドカットグラスです。手吹き鉛クリスタルに伝統的な手法でカッティングを施しています。そのため、100%ハンドメイドの製品です。 続きを読む

装飾性豊かなガラスカッティングは、伝統的な手工芸品であるガラスの装飾仕上げの技術です。カットで装飾するのは、主に花瓶、ボウル、平皿、カラフェ、ボトル、バスケット、食卓用グラスなど、実用的な形状のものである。

技術的な観点からは、ガラスの機械的な除去です。切断は、ボールマシンで垂直軸の周りに、またはレベリングマシンで水平軸の周りに回転するディスク(最も多いのはダイヤモンドですが、カーボランダムや電化水冷式もあります)を使って行われます。ウェッジカット、ラウンドカット、ストレートカット、プリズムカットを使用します。ウェッジカットは、星、蛾、山羊、爪、ウィーン式マット、三角形、六角形、八角形の石の形を作り出します。一方、ラウンドカットは、ボール、スプール、ステインと呼ばれる形状を生み出します。装飾を施したガラスをカットする技術の目的は、これらの要素から豊かなパターンを作り出そうとすることで、多くの場合、製品の外面全体に広がっています。このように装飾されたガラスの表面は、個々のエッジからの入射光を反射して、煌びやかな装飾を作り出す。

17世紀以来、ガラスはこの技法で装飾されてきた。チェコのカットガラスの高貴な光沢は、溶けやすく光学特性に優れた鉛クリスタルの発明と密接な関係がある。同時に、ナトリウム・カリウムガラスよりも軟らかく研磨しやすいので、カットの光沢は通常、酸による研磨で実現される。以前はPbO30%、今日では24%の酸化鉛を含む鉛結晶を溶解し、研磨したものが多い。

元来、このガラスはヴェネチアの貴石の模造品としての役割を担っていた。わが国では1710年以降に溶け始めた。最初はTurnovで、後にJablonecとŽeleznobrodskoで。

今日、研ぎ澄まされている模様は、チェコの地の深い技術と芸術の伝統に基づくものである。最高級の仕上がりを要求される研磨機は、研磨の技術そのものの正確さだけでなく、個々の要素、光沢や艶消しのカット面をセンスよく組み合わせることができる装飾的想像力と構成センスも要求されるのである。

豊かな装飾を施したガラスのカッティングは、芸術的な感覚と即興で新しい装飾を生み出す能力を備えた、人間の手による価値の高い仕事なのです。

パラメータ
高さ 26cm
ボリューム 200ml
メイド・イン・ジャパン チェコ共和国
カラー クリスタル